Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2005.02.27 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2005.01.15 Saturday
スマトラ島沖地震〜プーケットが復興してきた〜
 津波の被害報告が一段落し、各国の支援外交が取り沙汰されるように
なりました。今でも毎日のようにTVで津波の様子が流されるのを
日本で見ていると、まだまだ復興まで時間がかかるのかと思いがち
なんですが、少なくともプーケットでも被害の大きかったパトン・ビーチ
辺りでもだいぶ片付けが進んで、リゾートとしての顔を取り戻して
きているようです。

バングラー通り手前のレストラン「サボイ・シーフード」












ビーチ・ロードに面したこのお店、入ったことはなくても前を
通った人も多いはず。もう営業しているそうです。

ビーチ通りのマクドナルド












マックは建物とか平気そうだけど、開いてない。

ビーチ通りのオーションプラザ












 オーシャン・プラザはけっこう被害が大きかったみたいだな。
営業まではまだまだかな。

ビーチ通りからバングラー通りに入った所












ビーチ・ロードからバンラー通りに入ったところ。
手前の店はやっぱ被害が大きかったみたいだけど、2,30メートルも進んだ
辺りは大丈夫みたいだな。店も営業してるようです。

各ホテルの現状は、
『タイ国内 宿泊施設等被害・復興状況』を参照してみて下さい。

カオラックはこれで見ると、真っ赤(被害が大きくクローズ)だな。
プーケットのアンダマン海沿いの津波が5〜6mだったのに対し、
カオラックでは10メートルを超えた。それが、この被害の差に
なったようです。津波が合成して大きくなったらしい。

『タイ国王の意向で…元野良犬、津波被災地で活躍』

【コーカオ島(タイ南部)=森太】タイ南部の津波の被災地で、かつては野良犬だった3匹の雑種犬が遺体捜索に活躍している。犬好きのプミポン・アドンヤデート国王の意向を受け、犬を訓練しているタイ国軍が今月6日から現場に投入、10日までに10人の遺体を発見した。


タイらしい記事ですね。去年は『トーンデン』(国王様の拾った野良犬なんですよ、これが)
の絵本やTシャツが売れまくりましたからねー。

『スマトラ沖地震・お寺が救援活動の拠点』

これもやっぱり、タイではお寺がいろんな役割を果たします。

他にも、道路が寸断されて重機が入れない所では、瓦礫の撤去に
象(チャ〜ン)が活躍したとかっていうNEWSもありました。
| katu | タイねた | 20:12 | comments(2) | trackbacks(1) |
2005.01.02 Sunday
スマトラ島沖地震〜その反応と風評被害〜
 あけまして、おめでとうございます。m(._.)m ペコッ
今年も宜しくお願いしま〜す。

 日が経つにつれ、どんどんその被害の巨大さが明らかになってゆく、
今回の地震・津波ですが、ちょっと気になることがあったので、
書いてみます。

様々な場所で語られている今回の地震・津波のことですが、
とある掲示板に、こんな感じの気になるカキコがあったので。。。

2月なのですが、バンコク、アユタヤへといきます。感染症が懸念されているとニュースなどで聞きます。バンコク、アユタヤでは、感染症は関係ないのでしょうか?タイ南部といっても、距離的に、物凄く遠いほどじゃないので、気になってます。今回の地震で中止した方がいいでしょうか?感染症が広まってるかと思って、迷ってます。アドバイスお願いします。


 多かれ少なかれ、こ〜いうことを考えてる方って多いのかなと思います。
俺の考えたことをいくつか書いてみたいと思います。

1.バンコク・アユタヤなどの中部タイは、地震・津波の被害はありません。
2.感染症の懸念は、WHO始め各方面から寄せられていますが、
  それはタイだけではなく、また既に発生したということではありません。
3.今回の地震・津波がなくてもバンコクで熱病等の報告は普段からありますす。
 気にするなら、今回の被害とは関係なく、訪問先をタイにすること自体を
 問題にするべきでしょう。
4.バンコクとプーケットは、800キロ位の距離でしょうか。
 それを近いと見るか、遠いと見るかは人それぞれ。
 中越地震や、台風水害の地域との距離と、それに対する自分の印象を参考
 にすればいいんじゃないでしょうか。
5.海外旅行は、リスクは皆無ってことはありません。それをどこまで許容
 するかは、自分でするしかないと思いませんか。
 日本にいても、通り魔や放火で、突然、死が訪れるのですから。


ちょっとキツい書き方だったと思いますが、タイは危ないんじゃないかという
前提で書かれている気がしたので。被害地域以外、バンコクなどの旅行は
問題ないと思いますよ。ただ不安があるなら十分に楽しめないでしょうから、
変更することを勧めます。

ネットでも十分に情報を集めることが出来ます。十分に情報を集めて、
みなさんがご自分で判断なさって下さい。風評に流されるのではなく、
ご自分の目と耳で集め、よく考えてみて下さい。

観光が主要な産業となっているタイには、大きな打撃だと思います。
でもきっと乗り越えてくれると思います。
見守ることしか出来ないのが、歯がゆいですが。
| katu | タイねた | 20:07 | comments(0) | trackbacks(1) |
2004.12.29 Wednesday
スマトラ島西方地震〜津波・続報〜
日がたち、救出活動や報道が拡がるにつれ、更に被害の総枠が
膨れ上がっているかのように思える。
いつの間にか、死者は万の単位で語られるようになり、日本人の方の
訃報も届いている。

路上に多数の遺体…タイ南部・カオラック

在バンコク日本大使館の1等書記官、吉野貞行さん(41)と小学生の長男が消息を絶ったタイ南部のリゾート地、カオラック。津波に直撃された海岸沿いでは27日、倒壊したホテルの下から次々と遺体が運び出された。


昨日からプーケットからの報道は多く、詳細が伝わってきているのだが、
それ以上に心配していたのが、その北に位置する、このパンガー県
カオラックなどだったんです。

パンガーphang-ngamap1
パンガーphang-ngamap2
phang-ngamap3

















場所は地図を参照してもらうとして、心配していた理由は。
プーケットはタイ最大の島なんですが、島の真ん中が山(たいした高さでは
ないですが)になっており、また被害にあった西海岸も、点在するいくつかの
ビーチとビーチの間は、岬状になっている(伊豆半島東海岸をイメージすると
分かり易いかな)ので、津波を避ける小高い場所っていうのがあるんだよね。

でもカオラックみたいなビーチは、内陸に向かって平坦だから、
津波のエネルギーをまともに受けてしまう。

phangnga6
















俗化の激しいプーケットではなく、新しいビーチリゾートとしてホテルなども
増えてきていた、カオラック。また、ダイブ・スポットである
シミラン諸島へも3時間(プーケからは8時間)と近い。

一日も早い復興を願ってやみません。

*パンガーについては、こちらなど参照してみて下さい。

 パンガー案内
| katu | タイねた | 10:43 | comments(2) | trackbacks(2) |
2004.12.26 Sunday
スマトラ島沖地震、タイでも大きな被害!
26日の現地午前8時、インドネシア、スマトラ島西方沖10キロを震源に
発生したM8.9の地震は、同国のみならずインド洋周辺の各国に大きな被害
を出している。

アジアの大規模津波、タイやインドなど各国で死者数百人に

タイではプーケットなど南部を津波が襲い、AP通信によると、約160人が死亡、1900人以上が負傷した。ロイター通信は、タイ南部の島でダイビングをしていた観光客ら100人以上が行方不明になったと報じている。


26日、タイのプーケットを襲った津波




















プーケットでは一時空港も閉鎖されたようだが、現在は再開してるようだ。
被害が酷いのは、やはりアンダマン海側のパトンなどのビーチのよう。
ここはプーケットへの観光客は、必ずと言っていいほど訪れる、
飲食や歓楽の中心地。

大津波が襲った(26日、タイ・プーケット


















もうすぐ年末年始、今年は日程の影響もあり、アジアなどの近場が人気
だとNEWSでも言ってた。プーケットやクラビなどを訪れる予定の方も
多いと思います。ホテルなども一階は浸水したようですので、
確認が必要かと。

サムイ島はマレー半島を挟んで反対のタイ湾の中だから、津波はそれほど
ではないと思われますが。
バンコクも地震で揺れたようですが、それほど被害とかは無いみたい。
でもタイ人って地震に慣れてないから、騒いだろうな〜。

更に、マレーシアではペナンで死者が出てるし、モルディブでも死者が。
それに首都マーレの三分の二が浸水したとか。
亡くなられた方の冥福を祈ると共に、被災された方の復興を願ってやみません。
| katu | タイねた | 22:10 | comments(8) | trackbacks(2) |
2004.12.06 Monday
折鶴舞う、平和への祈りをこめて!
前に書いた『願うのは『平和』だけ?〜タクシン首相殿へ〜』ように、
12/5、タイ南部に平和を願う折鶴が羽ばたきました。


























最終的には、1億2千万羽の折鶴が放たれたようです。
タイ南部の人々が、少しでも安心して暮らせるようになることを期待したいです。

| katu | タイねた | 09:49 | comments(0) | trackbacks(1) |
2004.12.01 Wednesday
願うのは『平和』だけ?〜タクシン首相殿へ〜
微笑の国タイではあるが、マレーシアに接する辺りの南部地域では、
イスラム過激派の活動が抑えられないでいる。しょんぼり
パッタニーやナラテワート、ヤラーなんていう県の知事の命に、
9万バーツの懸賞金をかけた組織もあるとか。
でも、それって25万円くらいなんだけど。。。。はぁ〜悲しい

12/5プミポン国王誕生日(King's Day)にタイ最南部の3県で、平和を祈念して
折鶴を上空からばら撒く計画が進んでいるようです。
この折鶴、国民一人で一羽の6,200万羽が目標だったのですが、
もう8,000万羽以上が集まってしまってるとか。!

さて、ここで問題になったのが、この折鶴は誰が運ぶのかということ。
おいおい、そんなこと最初に考えておけよ。。。。汗
タイらしいな〜。

タイ航空とその子会社で格安航空のノック・エアーがハジャイまで運ぶらしい。
政府系だから、圧力がかかったか。。。。
まあ、ノック=鳥だし、いいのかも。

タクシン首相みずから折った鶴には、目印が付けてあるらしい。
拾った人には、大人なら職(=仕事)、子供なら奨学金を出すとか。
でも、『職』って。。。。みんな無職ってわけじゃないでしょ。

小泉さんも出席してた、今回のASEAN+日中韓の会議の前に、
この南部のイスラム過激派の話題(逮捕した70名以上を酸欠で死なせた件)
を出すな!出たら、即刻帰るとまで
念押しして(特に、マレーシアに)
臨んだタクシンさん。さてさて。

来年の総選挙を繰り上げようなんてことも考えてるみたいだし。
折鶴は、他心無きように。バッド
| katu | タイねた | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
2004.11.29 Monday
11/26は、ローイクラトン。
こないだの11/26は、ローイクラトンていうタイのお祭りの日。
タイの旧暦で満月にあたるこの日に、水の神に感謝を捧げるために、
クラトン(灯ろう)を水に放つというお祭り。

巨大なクラトン(灯籠)。
























画像は、チャオプラヤー川に流された、船を灯ろうにしたてたもの。
デカいよねー。


灯ろうは、昔は発砲スチロール製とかが出回ってたみたいだけど、
今は環境に配慮ってことで、バナナの葉とか自然素材のものが
使われている。
でも、せっかく川に流しても下流でみんな掬って捨てられるみたい。
確かに素材は自然でも、みんなして一斉に流したらねー。

ところでその灯ろうを流すとき願い事をすると叶うと言われているが、恋仲にある男女が一緒に灯ろうを流し、二人の愛を誓えば二人はずっと一緒にいることができるとも信じられているので、この日は灯ろうを流しに出かけるカップルであらゆる水周りはごった返すのである。さながらタイ版バレンタインデーのような様相を呈し、誰と一緒に流しに行くだの、どの灯ろう流しスポット(公園など水際でイベントが開催されたりする場所がある)に行くだのというあいさつが交わされる。

B-styleさんより

俺も一回だけ、タイ人の彼氏もどきと流しに行ったことがある。
まあ、年に何度かしか会えないけど。
一緒にクラトンを流した時に、すっごく嬉しそうな顔してたっけ。
やっぱ、オトコ同士じゃ願いはかなわなかったけどさ。
誓いが甘かったんかな。

今年は行けなかったけど、来年は出来れば行きたいな。
でも、一緒に流す相手が先か。。。。

日本だけでなく、タイでも同じように流れてく灯ろうを見てると、
アジアのつながりとか、仏教の流れみたいなものを実感できる。
小難しいことは抜きにしても、灯ろうの瞬く灯りっていいね。

と思ってたら、日本でも楽しめるみたい。
12/18(土) 日比谷公園で。
| katu | タイねた | 22:35 | comments(3) | trackbacks(1) |