Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2005.02.27 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2004.11.02 Tuesday
そのドアを開けたのは、田臥勇太!
メジャーで野茂やイチローが活躍し、ヒデがセリエAで10番を
付けようとも、日本人の姿を見られなかったのが、アメリカの
プロバスケット、『NBA』の地である。

今年、ついにその壁を破って開幕のベンチにつこうとしているのが、
田臥勇太である。拍手

田臥、日本人初のNBA選手








能代工業時代から、日本で名の知れたバスケット・プレイヤーであった
田伏だが、なかなかNBAにはたどりつけなかった。
去年もトライ・アウトに加わりつつも、望んだ結果は得られなかった
のだが、今年ついにその座を占めることとなった。

日本ではデカさと俊敏さは両立しないというイメージがあるが、
NBAというところは2mの大男たちが走って跳んでしている場所である。汗
彼らに伍して行く為に、初めは当たり負けない身体を手に入れて
望もうとした田伏であったが、それでは173cmの彼に勝ち目はなかった。

昨年の失意の結果から、彼がだした結論が更なる速さである。
そのためにだいぶ絞り込んで、鋭さのました顔付きで
トライアウトに望んでいた。そして、プレシーズン・マッチで
その成果を示し、ついにベンチ入りの切符を掴んだのである。祝

だが、彼に与えられたのは3番目のPGのポジションである。
どれだけ、彼のプレーする姿を眼に出来るかは正直わからないが、
チャンスは必ずくる。頑張れ ! 田伏。
| katu | 日記っぽい | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
2005.02.27 Sunday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:49 | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://oreture.jugem.cc/trackback/70